HOMEお取り扱い商品太陽光発電 >太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み

構成と商品情報

太陽の光を受けて電気を作り、ご家庭で利用するにはさまざまな機器が必要です。主な機器として、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、分電盤、電力量計、モニタなどがあります。一度設置すると後は特別な操作は必要なく、いつもと同じようにさまざまな電化製品をご使用になれます。

(注1)
電力量計は有効期限があり、定期的に交換が必要です。お住まいの地域によっては売電電力量計の交換費用はお客様負担となる場合があります。交換に関しては、電気工事店または電力会社にお問い合わせください。
(注2)
電力モニタは、別売品(JH-RWL3/JH-RWL2/JH-RWZ1/JH-RCM1)と、パワーコンディショナJH-S402/S403に付属するモノクロ液晶タイプがあります。

ルーフィット設計仕様

 

 

屋根の形状に合わせ、
効率よく設置できる設計仕様。

高変換効率を実現
昇圧機能(注1)と接続箱機能(注2)を併せ持つ当社独自のマルチストリング機能を内蔵した上で、高い電力変換効率(注3)を実現。

大型カラー液晶搭載のネットワークタイプ

 

操作しやすい7インチタッチパネルと大画面表示で、
知りたい情報がひと目で分かります。

タップ・中継器・専用タブレットの簡単システムで、電力の使用状況を把握できます。

 

補助金の受給には、シャープ製太陽光発電システム*とセットでのご使用が条件となります。
* 対応カラー電力モニタはJH-RWL2またはJH-RWL3です。

●受付機関:一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII:Sustainable open Innovation Initiative)
●補助金額:10万円(2012年度)(SIIからのアンケート等への回答が必要です)