HOMEガーデン施工事例庭まわり >既設のデッキの高さ調整工事 富山市K様邸

既設のデッキの高さ調整工事 富山市K様邸

既設の人工木ウッドデッキの高さ調整を行いました。
ウッドデッキのメーカーや、柱の形状によっては出来ない場合もありますが、
今回は高さ調整のできる束柱で設置してありましたので、
デッキ部をばらして、デッキ面全体をさげることになりました。

施工前の様子です。
勝手口からの出入りを優先に高さを決めて取付されています。階段の降り口には枕木を積んで1段持ち上げて階段が作られてました・・・少し不安定に見えます。
デッキ自体も高さがあり、小さなお子様が落ちると怪我をしてしまいそうでした。

手摺をつけることもできますが、屋根からの落雪で破損する恐れのある場所、またスペースが狭く感じたり、使い勝手が悪くなる場合もあります。
ウッドデッキをご検討される場合には、『何をする為のスペースになるのか』『どんな使い方をしていくのか』など取付目的をしっかり考えて、取付場所、広さやデザインを決めていかれるといいと思います。

高さを下げました♪
階段も束石の上に固定しました。枕木のように腐食することもないので、これで一安心(о‘∀‘о)☆

元のデッキの高さで汚れが残っていますが・・・(‘д‘;)
勝手口側からの出入りは、メインが大人なので御施主さまが後日踏み段を作るとのことで作業が完了しました。
※デッキの種類や、束柱の形状によっては出来ない場合もあります。気になった方は、お気軽にご相談ください!

関連のガーデン施工事例を見る